【GPレポ】勅使川原三郎が描く、《魔笛》〜あいちトリエンナーレ2016

 舞台装置として大小様々なサイズの金属のリングが浮遊します。円という絶対的であり宇宙的でもある完結した造形空間。オペラ《魔笛》は絶対的な太陽神を信じる思想と闇=人間の陰を強調する思想との対立が示される。(中略)陰気な闇に輝く太陽と世界の果てが、永遠ではなく巨大な空洞と断崖絶壁ではないかと思わせてくれる開放感。それはオペラそのものではないですか。〜 勅使川原三郎・演出ノート(公演プログラム掲載)より

明日からあいちトリエンナーレ2016で上演される、勅使川原三郎の演出・美術・照明・衣裳によるプロデュースオペラ モーツァルト/《魔笛》。
KARASの主力ダンサーである佐東利穂子が日本語ナレーションで物語をつなぎ、佐東と東京バレエ団のダンサーたちが、登場人物の深層心理を描く、まったく新しい形のオペラ《魔笛》。
去る9月14日、愛知県芸術劇場で行われたGP(最終総稽古)の様子をご紹介。
(2016.9.14 愛知県芸術劇場 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)
【第1幕】

【第2幕】


■あいちトリエンナーレ2016 プロデュースオペラ
モーツァルト/《魔笛》
(全2幕・ドイツ語上演・日本語字幕付き・日本語ナレーション)

9/17(土)、9/19(月・祝)各日15:00 愛知県芸術劇場

演出・美術・照明・衣裳: 勅使川原三郎
指揮:ガエタノ・デスピノーサ
管弦楽: 名古屋フィルハーモニー交響楽団

賢者ザラストロ:妻屋秀和
夜の女王:高橋維
王子タミーノ:鈴木准
王女パミーナ:森谷真理
鳥刺しパパゲーノ:宮本益光
弁者&神官Ⅰ:小森輝彦
恋人パパゲーナ:醍醐園佳
侍女Ⅰ:北原瑠美
侍女Ⅱ:磯地美樹
侍女Ⅲ:丸山奈津美
従者モノスタトゥス:青栁素晴
神官Ⅱ:高田正人
武士Ⅰ:渡邉公威
武士Ⅱ:小田桐貴樹
童子Ⅰ:井口侑奏
童子Ⅱ:森季子
童子Ⅲ:安藤千尋
ダンサー:佐東利穂子、東京バレエ団
合唱: 愛知県芸術劇場合唱団

問:クラシック名古屋052-678-5310
愛知県芸術劇場052-971-5609
http://aichitriennale.jp

【関連記事】
●インタビュー:佐東利穂子(ダンサー)〜あいちトリエンナーレ2016《魔笛》

インタビュー:佐東利穂子(ダンサー)〜あいちトリエンナーレ2016《魔笛》


●オペラ《ソラリス Solaris》〜藤倉大が初のオペラをパリで世界初演、勅使川原三郎が演出

オペラ《ソラリス Solaris》〜藤倉大が初のオペラをパリで世界初演、勅使川原三郎が演出


●【稽古場レポートVol.3】まもなく開幕〜あいちトリエンナーレ

【稽古場レポートVol.3】まもなく開幕〜あいちトリエンナーレ《魔笛》


●【稽古場レポートVol.2】勅使川原三郎の《魔笛》〜あいちトリエンナーレ
http://ebravo.jp/archives/28501
●【稽古場レポートvol.1】勅使川原三郎が手がけるオペラ《魔笛》〜あいちトリエンナーレ
http://ebravo.jp/archives/28099
●あいちトリエンナーレ2016 オペラ《魔笛》〜勅使川原三郎が新たに描くモーツァルトの名作
http://ebravo.jp/archives/27110
●勅使川原三郎、山田うんが抱負を語る〜あいちトリエンナーレ2016 企画発表会
http://ebravo.jp/archives/26080