エリーザベト・クールマン(メゾ・ソプラノ)

 今年の東京・春・音楽祭における歌曲シリーズ、ふたつ目のステージには、圧倒的な実力と美貌で世界の聴衆を魅了するメゾ・ソプラノのエリーザベト・クールマンが登場する。
 ネトレプコやガランチャと並び、ウィーンで「第3のプリマドンナ」と今や大人気のクールマン。優秀な歌手がひしめく同世代の中にあっても、そのカリスマ性や存在感で、ひときわ異彩を放つ。声楽や打楽器にも精通するピアノの鬼才エドゥアルド・クトロヴァッツと共演するリサイタルでは、ワーグナー「ヴェーゼンドンク歌曲集」を核に。ここへ、シューマン「女の愛と生涯」からの5曲やリスト、シューベルトなど独墺を中心とした名歌曲、さらに、グルックの歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》からの悲劇的なアリア〈ああ、われエウリディーチェを失えり〉を配している。

(C)MarijaKanizaj

(C)MarijaKanizaj

東京春祭 歌曲シリーズ vol.16
エリーザベト・クールマン(メゾ・ソプラノ)

4.11 [土] 19:00 東京文化会館 小ホール
【料金】S:¥6,200 A:¥4,600 U-25:¥1,500

■出演
メゾ・ソプラノ:エリーザベト・クールマン
ピアノ:エドゥアルド・クトロヴァッツ

■曲目
リスト:
 私の歌は毒されている S289
 昔、テューレに王がいた S278

ワーグナー:
 《ヴェーゼンドンク歌曲集》 より
  温室にて
  悩み
  夢
 エルダの警告~逃れよ、ヴォータン(舞台祝祭劇《ラインの黄金》 より)

リスト:
 私は死んだ (《愛の夢》第2番 S541-2 ) (ピアノ・ソロ)

グルック:
 ああ、われエウリディーチェを失えり
 (歌劇《オルフェウスとエウリディーチェ》 より)

リスト:
 愛し合うことは素晴らしいことだろう S314

シューマン:
 彼に会ってから (《女の愛と生涯》 op.42 より)

リスト:
 われ汝を愛す S315

シューマン:
 私にはわからない、信じられない (《女の愛と生涯》 op.42 より)
 満足 (《子供の情景》 op.15 より)(ピアノ・ソロ)
 やさしい友よ、あなたは見つめる (《女の愛と生涯》 op.42 より)
 私の心に、私の胸に (《女の愛と生涯》 op.42 より)

シューベルト:
 子守歌 D.498

シューマン:
 あなたは初めての悲しみを私に与えた (《女の愛と生涯》 op.42 より)

シューベルト:
 夜の曲 D.672
 死と乙女 D.531
 精霊の踊り D.116
 小人 D.771

■関連記事
東京・春・音楽祭  今からでも間に合うおすすめ公演!(ぶらあぼ + Danza inside 2015年4月号から)
http://ebravo.jp/harusai/archives/1217